面接を通過するためには?服装からマナーまで徹底解説!~服装編~
2019.05.28掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Line
お役立ち情報

就職や転職をする際に面接は避けて通れません。

面接で合否が決まるといってもいいくらい、第一印象は重要です。

面接が苦手という方も多いと思いますが、あまり緊張しすぎずリラックスできればこっちのもの。面接が決まったらチェックしておきたいのが面接時の基本マナーや服装です。何事も準備ができていれば余裕が生まれますよね。

第一印象であなたをしっかりアピールできるように、面接を通過するための服装からマナーまでを徹底解説します!

 

服装

面接に何を着て行けばいいのか迷う方は多いと思いますが、私たちがいつもお伝えしているのは『派手ではないもので、清潔感のあるもの』。

スーツがあれば、やはりそれがベスト。でも、借り物や何年も前のものでサイズが合っていなければ、好印象は与えられませんね。職種によっても違ってきますが、ケアマネージャーや生活相談員などは、『施設の顔』として第一印象は特に重要です。その他の職種では、

やはり清潔感がポイント。人と接するお仕事なので、相手に不快感を持たれては話になりません。派手な色や目立つ柄物は控え、アクセサリーや時計もシンプルなものをつけましょう。できれば、靴は汚れが目立つのでお手入れしておきましょう。心の余裕にもつながります。

 

マナー

面接時の基本マナーのポイントは、『時間厳守』『あいさつ』『笑顔』『服装』『姿勢』『話し方』です。資格がなくても介護に対する興味があって、明るく元気な印象を与えれば、採用されやすいです。

①時間厳守:約束の時間の5分前には到着するようにしましょう。早すぎるのもマナー違反なので、その場合は約束の時間まで待ちましょう。入る前にコートは脱いで、携帯電話の電源は切ってください。遅刻は厳禁ですが、やむを得ない場合には、早めに必ず連絡をしてください。

②あいさつ:元気で明るいあいさつは、誰でも気持ちがいいものです。面接場所が施設であれば、スタッフや利用者の方に会うことも多いはず。相手が誰かわからなくても、元気にあいさつしてくださいね。あなたの印象もぐっと良くなります。

③笑顔:人と接するお仕事ですし、笑顔は人を安心させます。緊張してうまく笑えないかもしれませんが、笑顔を心がけてくださいね。相手の目を見てニッコリ笑えたら、成功は近いですよ~♡

④服装:派手ではないもので、清潔感のあるもの⇒<面接を通過するためには?服装からマナーまで徹底解説!【①服装】>をチェックしてくださいね。

⑤姿勢:背筋はピンと伸ばした方が見た目がキレイです。なんとなくやる気も感じられます。手はひざの上にのせておきましょう。髪の毛や顔を触ったり、貧乏ゆすりなど無意識でしてしまわないように気をつけましょう。

⑥話し方:大事なのは、相手の話をきちんと聞くこと。そして自分の言葉で、相手が聞き取りやすい声やスピードで話すように意識しましょう。話すときや聞くときは、なるべく相手の顔を見ると、より伝わりやすいですね。