介護の資格について
2018.11.21掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Line
お役立ち情報

▶介護福祉士
訪問介護事業所におけるサービス提供責任者や施設における
相談員としての職務に従事することが可能な資格です。

▶介護職員実務者研修
今後の介護福祉士の資格受験に必須となる資格です。
初任者研修の資格よりもさらに介護知識を身につけることが可能です。

▶介護職員初任者研修
介護職に従事する上で一番基礎となる資格です。

▶社会福祉士
主な業務としては、施設の相談員・地域包括支援センターの相談員・病院の入所、
退所に関わるMSWなどです。

▶介護支援専門員(ケアマネジャー)
ケアマネジメントを実施するための資格です。
ケアプランの作成と担当者会議などを通して他職種との連携や調整をおこないます。

現在廃止の資格
・介護職員基礎研修
へルパー1級・実務者研修相当の資格です。各痰吸引以外の講習は免除となります。

・ヘルパー1級・2級
実務者研修・初任者研修の資格に値します。